×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

単身赴任生活




本当に単身赴任にするかもう一度考えて見ましょう。


家族と一緒に転勤できる方は、単身赴任はなるべく避けた方が良いと思います。


単身赴任は、最終手段で一緒に転居を考えることをお勧めします。


家族と別々に暮らした時間は、一生取り戻せません。


家族と一緒に暮らした時間は、自分が働くモチベーションを与えてくれます。



単身赴任する事情は、以下のような事情だと思いますが、

人それぞれの事情により検討して下さい。


子供の進学問題

転勤していると子供の進学も大変です。


特に人口が多い都市へ転居する場合には、

転居先の学校の学力が高くなりがちです。



両親の介護問題

会社の都合で転勤すると両親の介護を行っている人はできなくなります。


単身赴任の場合奥さんまかせになってしまいますが、

誰もいないより遥かに良いでしょう。



また直ぐに転勤になるかもしれない

このような場合、家族一緒の転居は難しいでしょう。


転居、転居で家族に与えるストレスが高いのが問題です。



単身赴任には家族が別々に暮らすデメリットが多く存在します。



Googleで「単身赴任」+spaceと打ってみて下さい。

縁起でもないですが、そのようなことになる事の原因になり得ます。

特に子供が小さい場合は、父親として認識されない可能性さえあります。



経済的負担多くの人は、単身赴任手当てさえも貰えていないのが現実です。

赴任先の住居、食費、光熱費など生活費がかなりかかります。



これらのことを考慮して単身赴任をするかどうか決めてください。

その他、人には色々事情がありますので人によって判断は、変わりますね。